お知らせ

緊急時の連絡は朱字でお知らせします
 

 
日誌
桜陽日誌 今日の出来事
12345
2017/05/18new

5月17日(水)

| by 管理者
   「携帯電話・ネット使用のマナー教室」が第1体育館で開催されました。
  白鳥校長の講師紹介を受けて、講師(株)エムデジの相内則人氏が次のように
話をしました。

 

  「インターネットを利用できるスマートフォンは便利だが、使い方を間違えれば問
題となることが多くあります。使用目的、使用時間等考えながら、適切に使うことが
大切です。」
   プロジェクターを利用して、画面による説明とビデオ上映がありました。
18:23 | 今日の出来事
2017/04/24

4月22日(土)

| by 管理者
 5校時に授業参観、その後1F会議室にてPTA総会が開催されました。

 

  長谷川 長  武 PTA会長と白 鳥 真 次 校長がそれぞれ挨拶をして、事業
報告として平成28年度会務計画報告、決算報告、監査報告が、議案審議として
平成29年度会務計画案と予算案が審議されました。

 
             長谷川 PTA会長                                   白 鳥 校 長

  続けて、平成29年度PTA役員改選の原案が出され、承認されました。
  <平成29年度PTA役員>
      PTA会長 二 杉 寿 志(3年)
     副会長 山 吹   文(3年)
        〃    山 崎 英 幸(2年)
             〃    工 藤 裕 幸(2年)
             〃    今 井 龍 興(1年)
             〃    向 井 美 穂(1年)
         監 事 加 藤 正 樹(3年)
       〃  佐 藤 豊 美(2年)
       〃    下斗米 真喜子(1年)
         顧 問 小松田 哲 弘
       〃  濱 田   剛
       〃  舘 岡 功 一
             〃  長谷川 長 武
             〃  白 鳥 真 次


                             二 杉 新PTA会長と役員のみなさん
12:44 | 今日の出来事
2017/04/12

4月8日(土)

| by 管理者
・着任式
   新しく7名の教職員が着任。堀尾教頭先生より紹介を受けた後、白鳥校長が
 挨拶をし、6名の教職員の紹介をしました。
    白 鳥 真 次 校長(北見柏陽高等学校より)
    飯 田   潔  教諭(江別高等学校より)
    土 田 由 香 教諭(余市紅志高等学校より)
    福 本 雅 大 教諭(新採用)
    谷 口 久美子 養護教諭(札幌高等養護学校より)
    宮 腰 明 宏  主任主事(寿都高等学校より)
    大 迫 真 弓  事務職員(新採用)


・始業式
   白鳥校長が校長講話でパワーポイントを使用して次のように話をしました。
   「超一流の人は生まれ持った才能だけで超一流であるのか、他の要素がある
  のかを研究した人がいます。その研究によると、『努力と反復練習によって力を身
  につけ発揮できるようになる』『かける負荷は100%ではなく、120%で力として
  身についていく』ということです。みなさんが、これからどれだけ努力をし力を身に
  つけていけるか見守っています。」

 

   堀尾教頭から、在校生である2・3年次生に話がありました。
   「今年度、入学者の中に車椅子を使用する生徒がいます。その生徒だけでなく
   皆の安全のために、教室から廊下に出る時、エレベーター付近を通る時など、周
   囲の安全を確認してください。また部活動で廊下・階段を走る場合も十分に注意
   してください。」

・入学式
     12時50分、吹奏楽団の演奏曲に合わせて、年次主任 篠原 肇教諭を先頭に
  新入生211名が入場しました。

 
 

     白鳥校長から入学許可をいただき、桜陽高校での3年間のスタートをきりました。
     新入生代表1組の庄司夏音さんが「伝統ある桜陽高校の生徒として、本分を尽く
   し、校訓 である『賢く・強く・豊かに』を誇りに、高校生活を送ることをここに誓いま
  す。」と力強く宣誓しました。

 

    長谷川長武PTA会長と稲垣哲也桜陽会会長から祝辞をいただきました。

 

      昨年度からの試みとして、校歌紹介を吹奏楽団演奏・在校生74名(野球部・
   バスケットボール部・女子バレーボール部・ラグビー部)の斉唱で実施しました。

 
10:51 | 今日の出来事
2017/03/27

3月24日(金)

| by 管理者
  平成28年度の修了式。
   青木校長から「今年本校が開校110周年を迎え、生徒の皆さんが潮練り込み
参加、式典出席等すばらしい姿を見せてくれたことに感謝し、また誇りに思います。
桜陽会(同窓会)の3万7千人を超える先輩方から頂戴した寄付金で、学校設備等
を更新することができました。例えば格技室の暖房機器、トレーニング室の新しい
マシンがそうです。この第一体育館の遮光カーテンも新しくなります。」「北海道も
来年命名150年を迎えるということです。頭の片隅にでも留め置いてください。」と
話がありました。
   続いて生徒指導部長の宮澤先生からは「年度末・年度初め休業中の心得を遵守
して、学習・部活動に頑張ってください。」と話がありました。

 

  続いて離任式。
  青木校長に続いて、退職される桐尾先生、伊藤事務生、そして転任される堤先生、
石谷先生、葛西養護教諭、織田事務主任主事がステージに登壇しました。

 
 

  まず6人がそれぞれ小樽桜陽高校での思い出とこれからの生徒に託す思いを話
されました。
  堀尾教頭が登壇して転出される青木校長の紹介をしました。青木校長から2年間
の思い出として「皆さんは校歌を大きな声でしっかりと歌っていて、これまでの勤務
経験の中でも一番素晴らしいと思いました。」と話がありました。

 

  生徒会執行部から花束の贈呈があり、生徒の拍手と「桜陽の丘」をBGMに、花束
を手に生徒の列の中央を通って退場しました。
15:08 | 今日の出来事
2017/03/27

3月23日(木)

| by 管理者
  平成28年度最後の生徒会行事「春季球技大会」が開催されました。
  3年次生が卒業したので、1・2年次生のみでの実施となります。
  種目は男女ともにバスケットボールとバレーボール、そして男女混合のドッジ
ボール。審判はバスケットボール部・バレーボール部・野球部・ラグビー部・バド
ミントン部の部員が担当します。
   クラス一丸となって応援合戦。プレーの一つ一つに声援と拍手が送られました。

 
 


<春季球技大会 結果>
   総  合  優 勝 2年1組
         準優勝 2年2組
         第3位 1年6組

  男子バスケットボール: 優 勝 2年3組
                                     準優勝 1年1組
                    第3位 1年6組
                          MVP: 宇 生 洸 太(2年3組)
                        敢闘賞: 平 田 航 大(1年1組) 
  女子バスケットボール: 優 勝 2年5組
                    準優勝 1年2組
                    第3位 2年6組
              MVP: 加 藤 野々香(2年5組)
            敢闘賞: 齋 藤 優 那(1年2組)

    男子バレーボール: 優 勝 2年6組
                    準優勝 2年1組
                    第3位 2年2組
              MVP: 竹 村 陵 希(2年6組)
                       敢闘賞: 岩 城 広 武(2年1組)
    女子バレーボール: 優 勝 1年3組
                   準優勝 1年6組
                   第3位 2年4組
              MVP: 坂 本 綾 菜(1年3組)
            敢闘賞: 明 村 麻 咲(1年6組)

  男女混合ドッジボール: 優 勝 2年2組
                    準優勝 1年1組
                    第3位 2年1組
              MVP: 澤 辺 陸 斗(2年2組)
          敢闘賞: 佐々木 辰 平(1年1組)
14:55 | 今日の出来事
2017/03/02

3月1日(水)

| by 管理者
  昨年の第68回卒業証書授与式は急速に発達しながら進む低気圧の影響で、
開始時間を4時間遅らせて午後2時から始まりました。
   今年は気温も4度を超える暖かさの中、予定通り午前10時から始まりました。

 
 

  卒業証書をひとりひとりに授与した後、青木校長は式辞で「前任の菅野校長
は入学式式辞の中で、歓迎と激励、そして期待を込めて「易きにつかず、挑戦
する勇気」という言葉を皆さんに語りかけていました。この三年間、学びに、部
活動に、そしてすべての青春の日々に「挑戦する勇気」を持ち続けてきたのだ
ろうと感じました。」「”特別な年”の”特別な世代”として、「選挙権年齢の引き下
げ」に伴い、一層の自覚と責任が求められました。開校百十周年を創りあげる
中核としての重責を担い、記念式典では見事な振る舞いを見せてくれたことに
感謝します。」「最後に感謝の心を忘れないでいただきたい。相手を敬い、相手
に感謝する心は失わないでください。」と話されました。

 
 

  来賓祝辞として、PTA会長 長谷川長武様、桜陽会(同窓会)会長 稲垣哲
也様のお二人からお祝いの言葉を頂戴しました。

 
 

  在校送辞は、2年3組 浅野七海さん。
  卒業生答辞で、3年4組信濃理久くんは桜陽高校での3年間を振り返り、
感謝の言葉を交えて感想を述べました。

  2時間に及ぶ式が終了して、卒業生たちはそれぞれの教室に戻り、担任・
副担任、保護者に囲まれながら、最後のホームルームの時間を過ごしました。
  生徒玄関では、卒業生の先輩の登場を待つ各部の部員たちが待機してお
り、先輩が姿を現す度に歓声が上がり、花束や色紙等を手渡していました。
  卒業生234名は、無事桜陽高校を巣立っていきました。
13:51 | 今日の出来事
2017/01/19

1月18日(水)

| by 管理者
   2年次生を対象に第一体育館において、小論文ガイダンス(大学出前講座)が
開催されました。講師は札幌大谷大学社会学部教授 平岡祥孝氏。
  「農業経済」を専門研究されている平岡教授ですが、大学生の就職エントリー
シートの書き方・小論文指導・面接指導等を通じて、学生が実用日本語表現力を
養う必要があると感じたそうです。伝えたい内容(事実と意見・分析・考察)を的確
に伝えるために、①基礎知識 ②語彙・用語 ③文章スキルが必要であると強調
されました。

 

  例えば、「架空」は「空に橋は架けられない」ことからできた言葉であり、本来の
意味を理解することが大切であること。「異論を(唱える)、脚光を(浴びる)」等名詞
と動詞の相性に注意すること。さらに文脈での使い方や、慣用的な使い方、類義語
の使い分け等に注意することで漢語の運用力が上がると説明してくれました。
  学習や日常生活において心がけるべきこととして、次の3点を上げてその重要性
を教えてくれました。
    ①ノート整理を工夫する
    ②例文や説明が詳しい国語辞典を参照しながら漢字の用法を学んでいく
    ③新聞を読む習慣をつける(ファイリング、スクラップ)
   約90分にわたるガイダンスでしたが、振り返りシートに学習事項や感想等をまと
めて記入しました。
09:54 | 今日の出来事
2017/01/17

1月16日(月)

| by 管理者
   冬季休業明け全校集会で、青木校長から次のような話がありました。
   「今年は桜陽高校が開校110周年を迎えた「特別な年」ですが、北海道高等
学校文化連盟(高文連)60周年の記念行事が12月17日に行われました。当初
本校の放送局の4名がインタビューの役割を果たすことになっていたのですが、
司会を担当する予定の他校生徒が体調不良のため欠席となり、当日ステージで
司会進行とインタビューと忙しい一日を過ごしていました。普段きちんと取り組ん
でいると、不測の事態においても対応ができるものですね。

                        

  冬季休業前の集会で代わりに教頭先生に話してもらったことですが、一年の
振り返りをして、2ケ月余りの間に、次年度に向けて何をするかを考えてほしい
と思います。
  3年次生はセンター試験を終え、二次試験や私大受験に向けて努力をし、
自分の道をつかみ取ってほしいと思います。」
  服装・頭髪検査、清掃・LHRの後、1・2年次生は確認テスト、3年次生は
センター試験自己採点を行いました。  
12:19 | 今日の出来事
2016/12/26

12月22日(木)

| by 管理者
   冬季休業前全校集会に先だって、柔道部(全国選手権大会全道大会)2年3組
奥くん3位、およびラグビー部(いわて国体)3年1組安川くん、3年4組清水くんは
7位の賞状伝達および出場報告が行われました。

 
 

   続いて、冬季休業前全校集会で出張の校長に代わって堀尾教頭が事前に預かっ
ていた原稿を代読しました。
  「桜陽高校開校110周年となる「特別な年」の約4分の3が終わろうとしています。
生徒の皆さんにお話しすることは2つです。
  1つは、「特別な年」の様々な行事に係わっての全校生徒の皆さんへの「感謝」で
す。潮ねりこみと記念式典、多くの感動と賞賛をいただきました。
  2つ目は、「これまでの振り返り」と「3ケ月の過ごし方」です。高校生である皆さん
のやるべきことの最優先事項は「学び」です。これまでを振り返り、やり残したことを
リストアップして冬季休業でしっかりとやりきってほしい思います。」

 
 

  石谷教務部長、三浦進路指導部長、宮澤生徒指導部長がそれぞれの立場から
この冬季休業の過ごし方について話をしました。
12:13 | 今日の出来事
2016/11/17

11月16日(水)

| by 管理者
  2年次生の進路相談会に向けて、4校時、生徒たちで各ブースの設営作業を実施。
進路係・HR運営委員がそれぞれの担当ブース前に立って、自分のクラスの仲間に
指示をして設営をしました。
  5・6校時で、第1体育館に64のブースと資料展示スペースを自分の進路希望に
そって説明を聞いたり資料をもらったりしました。
   教室に戻ってから、説明の内容や感想をまとめ記入シートへ記入をしました。

 
 
 
11:53 | 今日の出来事
12345

お知らせ

◎詐欺行為にご注意下さい
  小樽桜陽高校の卒業生の名を使用して、現金を振り込ませようとする行為が起きています。「ふりこめ詐欺」のような電話や金銭の請求があった場合には、最寄りの警察に連絡するなど、詐欺の被害にあわないようご注意願います。
 

学校情報

北海道小樽桜陽高等学校
ほっかいどうおたるおうようこうとうがっこう
〒047-0036
北海道小樽市長橋3丁目19番1号

電話 (0134)23-0671
FAX   (0134)33-0898
メール

(スパムメール防止のため、リンクは外しています)
 

学校案内

 
 平成29年度入学生用
 学校案内(PDF)

  → SchoolGuide2017-P1-P3.pdf
          SchoolGuide2017-P4-P7.pdf
          SchoolGuide2017-P8.pdf
 

お知らせ

小樽桜陽高校のホームページは
携帯電話やスマートフォンからも
見ることができます。
(QRコードを読み込んで下さい)
 

バナー